SNSマーケティングのノウハウを学ぶなら「マーケブック」

article

TikTok広告運用代行とは?委託メリットとおすすめの代行会社を紹介

この記事ではTikTok広告について基本知識から、 予算別おすすめ戦略まで、おすすめの認定代理店も併せて紹介しています。

⇒TikTok広告運用代行に関するお問い合わせはこちら

TikTok広告とは?

TikTok(ティックトック)とは、中国のByte Dance(バイトダンス)社が運営する縦型動画の投稿、閲覧などができるモバイルショートムービープラットフォームです。月間アクティブユーザーは世界で10億⼈、日本では950万⼈となっており、強い影響力をもったSNSの一つとなっています。

TikTokは動画が強いSNSという特徴があり、投稿ジャンルはダンス・VLOG・ビューティ・グルメなど多岐に渡ります。

また、スマートフォンの縦型画⾯を配信⾯としているので、視聴者にインパクトのある広告を配信することができるのもTikTok広告の強みです。

TikTok広告は一般ユーザーの投稿に混じって配信されるため、あまりに広告感の強い動画は好まれません。他の投稿に混じっても違和感がなく、ユーザーに好意的に受け取ってもらえるクリエイティブを作成するのがポイントです。

TikTokのユーザーデータ

SNSと聞くと『若者のツール』というイメージがありますが、博報堂の調査によると日本のTikTokユーザーの平均年齢は34歳です。他のSNSと比較すると平均年齢は低いものの、実態としては年々平均年齢が上昇しており、幅広いユーザーが利用するようになってきていると言えます。

TikTok広告のメリット

TikTok広告のメリットとして『ターゲティング精度の高さ』『10代〜20代へのリーチ』『動画主体による訴求力』が挙げられます。

①ターゲティング精度が高い 

TikTokはユーザーの性別や年齢などの基本情報から、通信環境(スマートフォンのOSやWi-Fi 環境など)、興味・関心など多岐にわたるデータを有しており、それらを活用することで精度の高いターゲティングをすることができます。

ターゲットとする年齢層かつ自社のサービスに興味を持つキーワードにヒットするユーザーを、アルゴリズムによりターゲットとし広告を配信することが可能です。

②10代~20代にリーチしやすい

TikTokのユーザー利用層の年代では、10代後半から20代の占める割合が全体の50%近くあります。また、10代の利用者数のうち70%が一日に6回TikTokを開くとも言われており、若年層をターゲットにした商品・サービスを扱う企業にとっては、効率よくターゲット層にアプローチすることができます。

③動画主体のため訴求力が高い

TikTokの広告は、動画クリエイティブなのでユーザーの視覚と聴覚に訴えかけることにより、記憶に残りやすくなります。一般的に、動画で伝えられる情報量は文字の5000倍とも言われており、短い時間でより多くの情報をユーザーに伝えることができます。

TikTok広告の種類

①TopView

出典元:【2022最新】TikTok広告ガイド!配信面・出稿方法・費用感・事例を解説

Top Viewとは、TikTokを立ち上げた際に最初の画面に表示される広告のことです。 1日2社限定の広告配信で、3秒間ユーザーにスキップをさせずに動画視聴を行わせることが出来るため、ブランドインパクトをユーザーに与えることができます。

②インフィード広告

出典元:【2022最新】TikTok広告ガイド!配信面・出稿方法・費用感・事例を解説

インフィード広告とは、TikTokのおすすめフィード上に配信される広告です。

TikTokで最もよく見られるタイムラインである『おすすめ』に表示される広告以外の一般の投稿(オーガニック投稿)に混じって、動画が表示されます。そのため、一眼ではオーガニック投稿との違いがあまりなく、ユーザーに自然な形で広告を認知させることができます。

さらに、インフィード広告はオーガニック投稿と同様、エンゲージメント(いいね・シェア・保存)や、CTAボタンの設置も可能なため、LP遷移などのコンバージョン目的にも対応しています。

またインフィード広告は、TikTokクリエイターなどのオーガニック投稿を広告として配信する『Spark Ads』も出来ます。TikTokクリエイターの動画作成能力はとても高く、ユーザーにも人気のため、通常のインフィード広告よりも高いパフォーマンスが期待できます。

③ハッシュタグチャレンジ

出典元:【2022最新】TikTok広告ガイド!配信面・出稿方法・費用感・事例を解説

ハッシュタグチャレンジとは、TikTok内でユーザーに企業コンテンツの作成・投稿を促す広告を指します。一般に『#チャレンジ』『#Challenge』『タグチャレ』と呼ばれています。

TikTokのおすすめフィードに公式動画を配信することで、ユーザーが公式動画に興味を持つと、発見ページ内の『バナー』または『おすすめハッシュタグ』からチャレンジページに移行し、公式動画を真似た動画(チャレンジ動画)を作成・投稿するという流れになります。

ハッシュタグチャレンジには、拡散力が強く、多くのユーザーを巻き込める効果があります。通常の投稿では、基本的に自分のアカウントをフォローしているユーザーにしか投稿が届きませんが、ハッシュタグチャレンジではハッシュタグを用いることで拡散力を強めることができるため、フォロワー以外にも投稿が届く可能性が高まるのです。

またハッシュタグチャレンジのエンゲージメント率は、ハッシュタグチャレンジを使っていないインフィード広告の約3倍も高いと言われており、キャンペーンの施策として、ムーブメントと拡散力をもつハッシュタグチャレンジの利用はおすすめです。

④ブランドエフェクト

出典元:【2022最新】TikTok広告ガイド!配信面・出稿方法・費用感・事例を解説

ブランドエフェクトは、先端テクノロジーを用いて2D・3D・ARなど様々なクリエイティブコンテンツを実現するデジタルコミュニケーション機能のひとつです。

ブランド機能や世界観を体感的に提供することにより、動画を制作するクリエイターと、その動画を視聴するユーザー双方にブランドインパクトを与えることができます。

TikTokでは動画作成の際に、多くのユーザーがエフェクトを利用しているため、ブランドエフェクトを作ることで、UGC投稿が大量に発生する可能性がとても高くなります。

TikTok広告の費用相場

TikTok広告の費用相場は出稿メニューによって異なりますが、大まかな費用感は以下の通りです。

TikTok広告予約型メニュー

①Top View
⇒810万円~

②ハッシュタグチャレンジ
⇒2,000万円~

③ブランドエフェクト
⇒400万円~

④インフィード広告(Brand Premium,OneDayMax,OneDayPlus)
⇒42万円~

TikTok広告オークション型メニュー

自社で広告予算の設定が可能、入札方式のため高い金額をかけた広告がより配信されやすくなる。

【予算別】TikTok広告おすすめ戦略

ここからは、予算別TikTok広告を活用した、おすすめ戦略を解説していきます。

①予算10万円以上50万円未満の場合

TikTok広告の予約型メニューは、最低でも42万円~となっており、広告予算が10万円以上50万円未満の場合は予約型メニューは実施が出来ないかと思います。その場合は、入札形式の運用型広告で広告配信を行うことをおすすめします。

また広告予算も限られるため、無駄なく広告配信を行う必要があります。ターゲット設定や配信後の調整などは、未経験者の運用では難しいと考えられます。

その場合オススメなのが、プロのTikTok広告運用代行会社への委託です。運用経験のある代行会社なら豊富な運用経験があるため、その実績や経験値をもとにした最適な広告運用を行ってくれます。

しかし、広告運用代行会社の中には「最終広告予算50万円」と、委託条件のミニマムラインを定めているところもあり、今回のような予算10万円以上50万円未満の場合、断られる可能性もあります。

株式会社アイズでは、アイズの最低運用管理費5万円~運用代行業務を請け負っているので、上記のように広告予算が限られている場合でも、プロの代行会社による質の高い広告パフォーマンスが期待できます。

⇩TikTok広告シミュレーション作成依頼はこちらから⇩

②予算50万円以上100万円未満の場合

広告予算50万円以上100万円未満の場合、TikTok広告とプラスで他のSNS施策をすることもおすすめです。

TikTok広告だけでも広告効果は高いですが、ユーザー数は他SNSと比較するとまだ少ないのが現状です。そこでInstagramやX(旧Twitter)などで運用型広告配信を行ってTikTok広告で届けられなかったターゲットユーザーへのリーチを行うことが可能です。

他にもTikTok広告で情報認知をしたユーザーが、対象商材にさらに興味を持ってInstagramなどで詳細検索を行った際の対策として、対象商材に関するUGC(SNS投稿)を生成することでより購買促進をすることができるのでおすすめです。

口コミプロモーションサービス「トラミー」とは?概要やプランについて解説!SNSマーケティング,おすすめ,口コミマーケティングこの記事ではおすすめの口コミプロモーションサービス「トラミー」について、サービス内容や事例について詳しく解説を行っています。...2023-11-20 19:44:39

③予算100万円以上の場合

予算100万円以上の場合おすすめの手法が「TikTok広告×TikTokインフルエンサー」です。

近年トレンドのプロモーション手法の1つとして挙げられるのが、インフルエンサーによるPR投稿をインフルエンサーのアカウントで配信する「第3者配信」です。

インターネットの普及により、ユーザーは広告に対する「嫌悪感」が多くなっており、SNSに表示される広告も例外ではありませんでした。そういった課題を解決できるのが「第3者配信」です。第3者配信はPR投稿を配信していることから通常のSNS広告よりもオーガニック投稿に近く、受け取ったユーザーに広告感を与えにくいのがメリットです。

TikTokインフルエンサーはユーザーを惹きつける訴求力の高い動画作成能力に長けており、PR案件であるのにもかかわらず、オーガニック投稿と同じくらい多くの反響を呼んでいる広告をよく見かけます。

ただしTikTokインフルエンサーは動画作成を行うことから、InstagramやX(旧Twitter)よりも依頼費用が高いため、人気のインフルエンサーを起用するとなると数10万円、中には100万円以上費用が掛かってしまう可能性があります。

予算内かつ、エンゲージメントの高い質の良いインフルエンサーを起用するためにも、複数のインフルエンサーを候補で出して吟味する必要があります。

その場合は、TikTokインフルエンサーを囲っているキャスティング会社や広告会社に依頼して、インフルエンサーリストを提出してもらうことで比較検討がしやすくなるのでおすすめです。

⇩【無料】インフルエンサーリスト作成依頼はこちらから⇩

TikTok広告運用代行会社とは?

運用代行会社とは何か?

TikTokへ広告を出稿するにあたり、アカウントの運用戦略や広告作成、広告の効果測定などを代行してくれる会社です。

社内にTikTokの運用ができる人材やノウハウがない時は、プロである代行会社に依頼することで、最短・最速で売上改善が期待できます。

代行会社によって、得意とする業界や商品形態、サービスの範囲、料金体系は異なります。自社のアカウントの目的と合った代行会社を選ぶのが、期待する効果を得るために大切なポイントになります。

【おすすめ】TikTok広告運用代行会社

株式会社アイズとは?

TikTokなどのSNS広告やリスティング広告の運用代行サービスを展開する会社です。口コミプロモーションサービス『トラミー』や、SNSマーケティング情報メディア『マーケブック』の運用も行っており、クライアントの意向に沿った丁寧な運用と幅広いウェブプロモーション戦略を提案しています。

『運用経験豊富なプロのアドバイスが欲しい』『ウェブプロモーション全体を任せたい』という方におすすめです。

会社概要

・会社名:株式会社アイズ( 英文社名:EYEZ,INC.)

・本社所在地:東京都渋谷区渋谷3-12-22 渋谷プレステージ7F

・URL:https://www.eyez.jp/

アイズの運用代行サービスを利用するメリット

アイズのサービスを利用するメリットとして、ここでは『運用管理費』『インフルエンサーキャスティング』『対応可能なSNS媒体』の3つをご紹介します。

①運用管理費は広告予算の15%

TikTokの広告代行費用は、大きく『月額契約型』と『成果報酬型』の2種類に分かれます。代行作業範囲により価格はかなり変わり、数万円から数百万円にのぼる場合もあり、依頼する際の悩みどころとなるでしょう。

アイズではエンドクライアントとの直接取引に限り、運用管理費は広告予算の15%で行うため、相場より費用負担を抑えることができます。

②インフルエンサーキャスティングも可能

アイズでは女性を中心としたインフルエンサーを1,000人以上保有しています。ジャンルも読者モデルから主婦、OL、料理家など幅広く、クライアントのご要望に合わせたインフルエンサーのキャスティング対応が可能です。

また、アイズでは広告の運用担当と直接連絡が取れる体制となっているため、 改善点を洗い出し着実に成果を出していきます。 細部に配慮した丁寧な運用で、クライアントと伴走しながら着実に成果を出していける土壌が整っていますので、安心してご依頼いただけます。

③TikTok以外のSNS媒体での広告配信が可能      

YouTubeやX(旧Twitter)、Instagramなど幅広い広告媒体を扱っているため、 商品やサービスのペルソナや特徴によって、認知フェーズからご提案が可能です。 特に、SNS広告は10年以上クチコミプロモ-ションを行ってきたことで培った専門的なノウハウを備えております。

X(旧Twitter)広告運用代行|認定代理店の選び方も解説SNSマーケティング,SNS広告,X(旧Twitter)この記事ではTwitter広告について基本知識から、予算別おすすめ戦略まで、おすすめの認定代理店も併せて紹介しています。...2023-11-29 10:00:00
https://trami.jp/markebook/instagramad-operationagency/

最適な運用代行会社を見つけてTikTok広告を成功させる!

TikTokはInstagramやYouTubeに比べてサービス開始からまだ日が浅いですが、若年層をターゲットにしたプロモーション活動には欠かせないSNSとなっています。

企業のプロモーション担当者の年代では、TikTokをやったことがないという方も多くいるのではないでしょうか。そんな中、TikTokのツールや広告形態を調べながら広告動画を作成・投稿するのはかなりの労力と時間を要します。

日々ものすごいスピードでたくさんの情報が飛び交う現代においては、最新のSNSに広告を出すのもスピードが命です。社内にノウハウがなかったり、適切な人員が配置できなかったりする場合には、専門家である運用代行会社を利用して、素早くTikTokに広告を出せる体制を作ることがおすすめです。

運用代行会社も得意ジャンルや費用形態は様々ありますので、広告を届けたいターゲットと費用感が決まったら、素早く複数の代理店に連絡をし、見積もりを出してもらうと、その後の社内の意思決定もスムーズに進むのではないでしょうか。その中から最適な広告代行会社を見つけ、ともにPDCAを回しながらTikTok広告を成功させましょう。

⇩【無料】TikTok広告シミュレーション作成実施中⇩

投稿者プロフィール

マーケブック編集部
マーケブック編集部「マーケブック」では、SNSマーケティングを中心にSNSの基礎知識から成功事例、ノウハウ、アンケートデータなどの独自性のある情報発信を行っていくことで、マーケターの皆さんにとって「SNSの世界を学ぶ参考書」となれるよう運用して参ります。