SNSマーケティングのノウハウを学ぶなら「マーケブック」

article

【事例付】ファンマーケティングとは?手法と成功のコツを解説

情報化社会と呼ばれる現代で、ユーザーは日々多くの情報に触れています。そのため、企業はいかに自社の「顧客」を獲得し維持するかが、企業の成長を大きく左右します。
そこで今回は、顧客=ファンの育成を行い売上アップを狙う「ファンマーケティング」について解説していきます。

ファンマーケティングとは?

ファンマーケティングとは、企業や商品、サービスの「ファン」を育成しロイヤリティ化を目指したマーケティング戦略です。

ファン=ロイヤルカスタマー


ファンの同義語として挙げられるのが、ロイヤルカスタマーです。ロイヤルカスタマーとは「企業や企業の商品・サービスに対して愛着を持ち、継続して購入やサービスの利用をしてくれる顧客」のことを指します。

ロイヤルカスタマーと間違えられやすいのが、優良顧客です。
優良顧客は「企業の商品、サービスを定期的に購入や利用してくれる顧客」を指します。ロイヤルカスタマーとの違いは「愛着があるかどうか」です。優良顧客は、競合や値段の変化が起きると自社の顧客から離れていってしまう可能性があります。
しかし、ロイヤルカスタマーは愛着があるため、そう簡単な理由で企業や商品、サービスから離れることはありません。


なぜ今ファンマーケティングが注目されているのか?

ファンマーケティングの理論として挙げられるのが「パレートの法則」です。
これは別名「80:20の法則」で、20%の顧客が全体の80%の売上を生み出している。という考え方になります。
つまり、20%顧客に注力したマーケティング戦略(ここでいうファンマーケティング)を取り入れて売上を増やすことで、全体の売上アップに繋がるのです。

また、ファンが主体で企業の商品やサービスPRしてくれる場合もあります。
例えば何か自分の好きなものについて友人に説明をするとき、良さを伝えようと気持ちが入って説明を行うのではないでしょうか?
ユーザー目線の熱量の入った説明(口コミ)は、聞く人の心を惹きつけやすいです。現代では体験者の声が消費者行動にとても影響を与えるためファン発信の口コミは重要です。

そのため企業は、いかにファン=ロイヤルカスタマーを増やして、その熱量を持続させていくかが、ファンマーケティングを成功させるカギになるのです。

ファンマーケティング手法種類

ここからは、ファンマーケティングの手法について解説します。
ファンマーケティングには主に4つの手法があります。

ファンミーティング

1つ目は「ファンミーティング」です。ここでは、企業とファンである顧客の直接的なコミュニーケーションを取ることが可能です。顧客からは日頃から感じている商品やサービスに対する感想や意見や要望などを聞いたり、ファンミーティングは特別な機会だからこそ、商品やサービスをより理解してもらったり、更に好きになってもらう絶好の機会です。

近年はコロナ禍により対面形式のファンミーティングはなかなか実施がしづらいですが、その代わりオンライン上で実施するケースも多く、遠方に住んでいる顧客でも参加が出来るので、ファンミーティングに対するハードルが下がってきています。

公式SNSアカウントでのファン育成

2つ目は「公式SNSアカウントでのファン育成」です。
ここ数年SNSの普及により、自社の公式SNSアカウントを運用する企業が増加しています。 SNSのいいところは、気軽にコミュニケーションが図れるところです。そこでSNSを通じてユーザーとの交流を深めることで、ユーザーは企業に対して親近感を覚えます。そういった積み重ねがその後のユーザーの購買行動の決定の際に、「あの企業だから買おう」という決定打の1つになるのです。
また公式SNSアカウントの運用は初期投資0円で始められるSNSマーケティング手法のため、広告予算があまりないといった企業にとてもおすすめな手法です。

SNSキャンペーン

3つ目は「SNSキャンペーン」です。SNSキャンペーンとはSNS上で行うユーザー参加型のマーケティング手法です。
「リツイート」や「いいね!」、「指定ハッシュタグをつけて投稿」など、ユーザーの行動でキャンペーンが回っていきます。
通常の広告だと企業が一方的にユーザーに対して広告を配信して、ユーザーはそれを受け取るという流れですが、「SNSキャンペーン」は情報を受け取ったユーザーが更にユーザーに拡散を行なっていくので「2次拡散」が行われ、広告配信ではカバーしきれなかったユーザーを「潜在層」や「顕在層」へ押し上げることが出来ます。

サンプリング体験

4つ目は「サンプリング体験」です。
サンプリングは商品を配布して、製品理解を深めてもらったり、好きになってもらいリード顧客の獲得を狙うSNSマーケティング手法です。
またサンプリングによっては、ユーザーにSNS投稿を促せることもあるので、「ファンの獲得+商品やサービスに関するSNS投稿の露出」が可能です。上記のSNSキャンペーンと紐付けてサンプリングを行ったり、一般消費者を抱えたモニターサイトに依頼してサンプリングを行うケースがあります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

セ ナ(@_film__ch)がシェアした投稿

ファンマーケティングのメリット

①顧客自らが「広報」として宣伝をしてくれる

熱狂的なファンである顧客は「お気に入りの商品やサービスをもっとみんなに知ってもらいたい」という気持ちから、自然に商品やサービスの宣伝をSNSや口コミを通じて行ってくれます。
いち消費者である顧客の意見は、とても説得力のあるものであり、企業の広報の宣伝にとって心強いサポートとなるでしょう。

②ユーザーボイスの獲得がしやすくなる

ファンだからこそユーザーは、企業や商品、サービスに対してより良いものになってほしいと思っています。また、自分自身がそのマーケティングに参加できることは、ファンとしての誇りとも言えるのです。

そのため良質な情報提供を行ってくれますし、企業は安価でそのユーザーボイスを獲得が出来て、双方にとってメリットが生まれるのです。

③安定した売り上げの獲得

最初にもお話した通り、「パレートの法則」では2割の顧客が全体の売上の80%を作っていると言われています。そのため、ファンマーケティングを積極的に行っていくことで、より良質なファンを育て上げることに繋がり、安定した売り上げを確保することが出来るのです。

ファンマーケティングのデメリット

①効果の即効性がない

何事においても、ファンを育成するのには時間がかかります。簡単にファンになることもありますが、その場合「ミーハー」と呼ばれる一時的なファンになってしまう可能性があります、そうなってしまうと安定した顧客ではないため、企業はまた一から顧客獲得を行なっていかなくてはなりません。
そのため、ある程度の時間がかかることを見越してマーケティング戦略を立てる必要があります。

②企業成長意欲が低下してしまう

安定した売上を作ってくれる顧客がいるため、現状維持で問題無いだろうという気持ちを持ってしまう可能性があります。
そういった気の緩みはいずれ「ファンマーケティングも、もう行わなくてもいいだろう」という判断に繋がってしまうかもしれません。しかし、そういった企業の怠慢はファンであればあるほど顧客は気づくものです。最悪の場合、競合企業へと顧客が流れてしまうケースもあるので、そうならないためにも、顧客への感謝を忘れずに、成長を常に意識した経営方針を持つことが重要です。

ファンマーケティング成功のコツ

①ファンとの密なコミュニケーションを心掛ける

ファンマーケティングは実践している企業も多いため、「コミュニケーション度」で差別化を図ることがポイントです。
SNSなどでのフォロワーからのコメントなどに反応することや、自社の商品やサービスを利用してくれた投稿を「エゴサーチ」していいね!などで反応をすることで、ユーザーは「反応してもらえて嬉しい!」と好印象を持たせることが出来ます。

②ファン同士のコミュニティの場を設ける

コミュニティサイトの運営や、ファンミーティングなどを通じて、ファン同士の交流が行われることも重要です。
同じファン同士だからこそ、共通の話題で会話が弾んだりするため、意見の交換の場となります。企業にとっても、そういったファン同士の会話から見つかる新たな発見もあったりするため、コミュニティの場は1つは設けて置くことをおすすめします。

③目的に応じたSNSアカウント設定

公式アカウントの運用は目的に応じて媒体を選ぶことをおすすめします。
ファンとの親密な交流を目的とするなら、気軽にリプライが飛ばしやすい「Twitter」、商品やサービスの世界観でファンを魅了させたいときは視覚に訴えることが得意「Instagram」などといった風に、しっかりと媒体の特徴を掴んだSNS運用を選択しましょう。

【保存版】SNSマーケティングの始め方と成功事例を徹底解説!SNSマーケティング,おすすめ,事例「SNSマーケティングの始め方が分からない」というお悩みを解決できる記事になっています。具体的な手順だけでなく、成功事例もご紹介しています!...2022-01-28 19:07:40

トレンドを取り入れたキャンペーン企画

SNSキャンペーンではトレンドを取り入れることで、ファンを飽きさせないことが出来ます。頻繁にキャンペーンは行うけれども、毎回同じ賞品や、キャンペーン内容だと、ユーザーは「また同じか」と興味を失ってしまう可能性があります。
そうならないためにも、季節柄に合わせた賞品の設定や、競合他社などを見てキャンペーン内容を変更してみましょう。情報収集にはトレンドに強い「TikTok」を活用してみると、ヒントを得ることが出来るかもしれません。

ファンマーケティング成功事例

ローソン

大手コンビニエンスチェーン「ローソン」では、毎週Twitterを活用してキャンペーンを行なっています。キャンペーン方法は「#金曜日はローソンのカレー」と付けて、Twitter指定の投稿を使って引用ツイートを行うと、抽選で景品が当たるというキャンペーン内容です。毎週金曜日にはTwitterのトレンドにほぼ毎週入っています。ポイントは継続的にキャンペーンを行うことで、金曜日=ローソンとユーザーに認識させることが出来ます。また、ユーザーが積極的に投稿してくれるため、2次拡散の効果が高いのもファンの増加に繋がります。

松屋フーズ

人気の牛丼チェーン「松屋フーズ」では、Instagramを活用したファンマーケティングで成功を収めています。従来の牛丼のイメージ「男性利用者が多い」「ファストフード」と、ビジュアル重視のInstagramは、一見相性が悪いように思えますが、同社のInstagramアカウントでは若者でも親しみやすい「サブカルチャー」要素を取り入れた投稿コンテンツを作り、若者を中心に人気を集めています。

ロイヤル顧客を育成して、ファンマーケティングを成功させよう!

いかがでしたでしょうか?ファンマーケティングは、即効性はありませんが継続して行っていくと、大きな売り上げに繋がる可能性があります。
しっかりとした戦略立案を行い、ファンマーケティングを成功させましょう。