SNSマーケティングのノウハウを学ぶなら「マーケブック」

article

Instagram(インスタ)認証バッジとは?取得方法や条件について解説

Instagram(インスタ)認証バッジとは?

Instagram(インスタ)認証バッジとは、Instagramで、アカウントネームの隣に表示される青いチェックマークのことを指します。

主に著名人や企業公式アカウントに付与がされており、認証バッジ獲得のためには運営をしているInstagramに申請を行い、承認を受けなくてはなりません。

Instagram(インスタ)認証バッジの取得メリット

①公式アカウントと一目で理解してもらえる

Instagram認証バッジを取得することで「公式アカウント」や「著名人」と一目でユーザーに認識してもらうことができます。

公式アカウントとユーザーが認識できることで、フォロー意欲やキャンペーン参加意欲などを促進させることができます。

②なりすましアカウントとの識別ができる

Instagram認証バッジは悪質な「なりすましアカウント」との識別も可能です。

「なりすましアカウント」はユーザーの個人情報を抜き取ることを目的としています。これを放置しておくことは、一般ユーザーと、なりすましをされた公式アカウント、双方が損害を被ってしまいます。

しかし、Instagram認証バッジが取得できていれば公式から「なりすましアカウント」の注意喚起投稿ができるで被害を最小限に抑えることができます。

③フォロワー増加が見込める

Instagram認証バッジがあることで、公式アカウントの信頼性が高まりフォロワー増加が見込めます。

Instagramのフォロワーは多ければ多いほど影響力が増えるので、認証バッジを獲得して更にブランディングに磨きをかけましょう。

④上位検索表示がされやすい

Instagram認証バッジを獲得することで、ユーザーがアカウント検索をした際に上位表示されやすくなります。

Instagramはアルゴリズムに優れており、ユーザーにとっておすすめの投稿や、アカウントを上位表示します。公式アカウントもそのアルゴリズムをもとに上位に表示されやすくなっているのではないかと言われています。

Instagram(インスタ)認証バッジ申請条件とフロー

Instagram(インスタ)認証バッジ申請条件

申請条件一覧

①【本物である】
②【唯一である】
③【完全である】
④【有名である】

①【本物である】

申請するアカウントが実在する企業または団体(個人の場合は著名人)であることが必要です。

②【唯一である】

申請するアカウントは、唯一無二のアカウントであることが必要です。同じ企業、団体が関連した複数アカウントを運用していて申請を行っても、認証を受けることができるアカウントは1つと限られています。

③【完全である】

申請するアカウントは公開アカウントで、プロフィールが完璧であり、認証適用時にアカウントがアクティブである必要があります。

④【有名である】

申請するアカウントは、広く認知がされており、良く検索される個人・ブランド・団体を表すアカウントである必要があります。

そのためメディアに掲載されている必要がありますが、有料コンテンツや広告コンテンツは審査対象とならないため注意しましょう。

引用:認証バッジ

Instagram(インスタ)認証バッジ申請フロー

申請フロー

①プロフィールページの右上のメニューアイコンを開く。

②メニューアイコンの設定を開き「アカウント」ボタンを選択。

③「認証リクエスト」を選択。

④必要項目を入力

⑤書類のアップロードをして、リクエスト送信を推せば完了

Instagramの認証バッジ申請には、書類の提出が必須です。

個人のインフルエンサーや著名人の場合は「運転免許証」「パスポート」「国民選別カード(マイナンバーカード)」を提出し、企業や団体の場合は「納税申告書」「最近の公共料金領収書」「会社定款」の提出となります。

また、アカウント(または個人)が公的に認知されていることを示す証拠として、ニュースメディアなどに取り上げられた記事リンクを3つまで提出することが可能です。

もしInstagram認証バッジ申請が却下された時は?

もし認証バッジ申請が却下された場合は、再申請を行うことが可能です。

再申請の条件は審査を行ってから30日以上経過をしていることです。しかし、申請が却下された理由はMeta社から開示されないため、注意をしましょう。

申請が却下される理由一覧

・フォームの入力ミス

・提出書類の不備

・申請条件を満たしていないアカウントと判断された

Instagram認証バッジを取得しやすくするコツ

①プレスリリースを打つ

Instagramの認証バッジ申請には、自社について取り上げられた記事を提出することで著名性の1つの証拠として審査が通りやすくなると考えられています。

対応策として挙げられるのが「プレスリリース」です。理由は、プレスリリースを打つことで、他のメディアが記事を引用して取り上げてくれることがあるため、自社についての記事が無いという場合におすすめな手法です。

②自社のHPにInstagramアカウントのリンクを貼る

認証バッジの審査待ちや、審査に落ちてしまった場合に自社のHPに公式Instagramアカウントのリンクを貼ることで、認証バッジの代わりに公式アカウントであることを示すことができます。

またこの方法のメリットは他にもあり、自社HPや他SNSに、Instagramアカウントのリンクを貼ることで「フォロワー増加」が見込めます。フォロワーが増えることで認証バッジの取得条件の「有名であること」が満たしやすくなるためおすすめです。

③Instagramアカウントのフォロワー数を増加させる

Instagramのフォロワー数を増加させることことは、認証バッジを取得するのにとても重要な項目といえるでしょう。

フォロワーは投稿の良し悪しのみが影響していると思われがちですが、実は他にも戦略的にフォロワー増加を狙えるマーケティング手法があります。

Instagramアカウントのフォロワーを増加させる方法

Instagramのフォロワーを戦略的に増やす主なマーケティング手法としてあげられるのが「Instagram広告」と「キャンペーン」です。

Instagram広告とは

Instagram広告とは、Instagram上で広告配信を行うことです。様々な配信設定ができターゲティングの精度が高いのが、Instagram広告の特徴です。

今回のケースだと「トラフィック目的」や「投稿のエンゲージメント目的」で広告配信をすることで、効率的にフォロワー獲得ができます。また、Instagram広告はどのくらい効果があったかなどが数値で確認できるので、目標設定と効果検証がしやすくPDCAが回せるのも大きなメリットと言えるでしょう。

Instagramキャンペーンとは

Instagramキャンペーンとは、フォロワー獲得やUGCを生成するためにInstagram上でユーザー参加型のキャンペーンを行うマーケティング手法です。

例えば「対象アカウントをフォローして#○○と付けて投稿をすると、抽選で○○名様に賞品が当たる」というような条件とインセンティブを設けることで、参加者分の新規フォロワーの獲得と、自社に関連するInstagram投稿の獲得できます。

Instagram広告フォロワー獲得成功事例

トラミー(@trami_ig)公式Instagramアカウントでは、Instagram広告を導入したことでフォロワー増加割合が大幅に改善されました。

また継続的に運用を行うことで、認知向上をしつつユーザーの分析データの蓄積にもなるため改善点を洗い出しながら、PDCAがうまく回せたのも成功のポイントと言えるでしょう。

Instagram(インスタ)認証バッジを取得して、ブランド価値を磨こう

いかがでしたでしょうか?Instagramの認証バッジを取得することでInstagram上でブランディングに大きな影響力を与えることができます。
しかし、取得には様々な条件があるため要点を抑えながら申請の準備を整えましょう。

株式会社アイズでは、Instagram広告の運用代行を行っています。数多くの企業から委託された実績と、長年の経験から生まれる最適なターゲット設定などをご提案させていただきます。

シュミレーション作成も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。