SNSマーケティングのノウハウを学ぶなら「マーケブック」

article

【2022】YouTube広告運用代行|依頼メリットとおすすめ企業

⇒【無料】YouTube広告のシュミレーション作成依頼はこちら

YouTube広告とは?

YouTube市場について

YouTubeは全世界に20億人、1日の動画総視聴時間は10億時間以上にのぼる世界最大の動画共有サイトです。日本国内では6,500万人のユーザーを持ち、そのうち18歳から44歳までのユーザーは3,000万人以上にのぼります。

人々の購買行動にも大きな影響を与えており、YouTubeユーザーの90%がYouTube内で新しい商品を見つけ、50%以上が新しい商品やブランドを決める際にYouTube内の動画を参考にしているのです。

サイバーエージェントの『2021年国内動画広告の市場調査』によると、2021年の動画広告市場は、昨年対比142%の4,205億円に達する見通しとなっており、2022年には5,497億円、2025年には10,465億円と急速に拡大していくことが予測されています。

これらのデータから、今後もYouTube広告のもつ影響力・需要が高いことが分かります。

出典元:サイバーエージェント、2021年国内動画広告の市場調査を発表

YouTube広告の特徴

YouTubeはその膨大なユーザー数から、企業にとっては魅力的なプロモーション場所と言えるでしょう。

では、YouTube広告にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、大きく分けて2点ご紹介します。

①複数の広告フォーマットがある

広告表示場所や動画のスキップ可否など、さまざまなフォーマットが用意されており、打ち出す商品やキャンペーンに合わせて、それらを自由に選択することができます。フォーマットの詳しい種類については後述します。

②動画広告が視聴された場合のみ課金される

テレビCMや屋外広告などでは、ターゲットとするユーザーの目に触れるか否かに関係なく費用が発生します。しかし、YouTube広告では視聴時間や総表示回数に応じて費用が発生(課金)するため、従来の広告媒体に比べて、無駄なく費用をかけられます。

YouTube広告のメリット

①一定時間動画を視聴させることができる。

広告フォーマットによって時間は異なりますが、最低5秒から最長15秒まで必ず動画を視聴させることができます。

②商品理解度を上げられる。

ユーザーが視聴したい動画の前後や、動画の再生中に広告を表示できるので、映像と音声の両方でユーザーにアプローチすることができます。

そのため、たった数秒の動画でも商品の特徴をより多く伝えることができ、ユーザーの商品理解度を上げることが期待できると言えるでしょう。

③ターゲティングが可能。

Googleのデータを用いたターゲティングが可能です。

ターゲティング方法は大きく次の2種類に分けられます。

■オーディエンスターゲティング

オーディエンス(ユーザー)を軸としたターゲティング方法。年齢・性別などの属性情報、検索履歴や過去のYouTube広告からのアクション履歴などを組み合わせたデータを利用して広告を配信することができます。

■コンテンツターゲティング

特定のコンテンツを持つウェブページに広告を配信する方法。YouTubeにおいては、配信先の動画やサイト、指定したキーワードに関連する動画やチャンネルに配信することなどを指します。

YouTube広告フォーマット

①スキップ可能なインストリーム広告

動画の最初や最後、途中で動画コンテンツと同じ場所に広告が流れます。5秒再生するとスキップボタンが表示され、広告に興味がないユーザーは離脱し、さらに広告費も発生しません。30 秒間(30 秒未満の広告の場合は最後まで)視聴したか、30 秒経つ前に動画を操作した場合に料金が発生します。

出典元:動画広告フォーマットの概要

このフォーマットは『販売促進』『ウェブサイトのトラフィック』『ブランド認知度とリーチ』などにおすすめです。

②スキップ不可のインストリーム広告

前述のスキップ可能のインストリーム広告とは異なり、スキップできない広告となります。再生時間は15秒以下、表示回数に基づいて料金が発生します。

出典元:動画広告フォーマットの概要

スキップできないことにより、ユーザーに広告全てを視聴してもらうことができる一方、ユーザーにとっては強制的に広告が表示されるためネガティブな印象を持つ可能性があるので注意しましょう。

このフォーマットは『ブランド認知度とリーチ』を目的とする際におすすめです。

③インフィード動画広告

YouTubeの検索結果画面の上部や、動画再生画面の右側にある関連動画の上部、YouTubeモバイルのトップページに表示される広告です。

ユーザーがサムネイルをクリックして広告を視聴した場合のみ料金が発生するので、興味を持った能動的なユーザーに対して費用をかけることができます。

以前は『ディスカバリー広告』という名称でしたが、2021年11月に『インフィード広告』へ変更になりました。

出典元:動画広告フォーマットの概要

このフォーマットは『商品やブランドの比較検討』におすすめです。

④バンパー広告

インストリーム広告と同じく動画の再生前、再生中、または再生後に流れる動画広告のことです。6秒間の短い広告のため、短くて覚えやすいメッセージにすることがポイントです。

スキップできないのはユーザーにとってストレスですが、ほんの数秒の広告のためそれ程強いストレスを与えず、ユーザーに広告全体のメッセージを伝えることができます。料金は広告の表示回数に応じて発生します。

出典元:動画広告フォーマットの概要

このフォーマットは、インストリーム広告と同様『ブランド認知度とリーチ』におすすめです。

⑤アウトストリーム広告

YouTube以外のWebサイトやアプリで配信されるモバイル専用の動画広告です。音声なしで再生が開始され、ユーザーがタップするとミュートが解除される仕組みになっています。

動画が2秒以上再生された場合に料金が発生するため、広告配信場所をYouTubeに限定せず、多くのユーザーに向けてリーズナブルに情報を発信することができます。

出典元:動画広告フォーマットの概要

⑥マストヘッド広告    

YouTubeのホーム画面上部に大きく表示される広告のことです。パソコン・モバイル・テレビなどすべてのデバイスで、ホーム画面上部のもっとも目立つ位置に広告を表示させることが可能である一方、詳細な配信ターゲットの設定はできません。

不特定多数に自社を知ってもらう認知度アップの施策や、短期間で多数のユーザーにリーチしたいイベント告知などに向いています。

出典元:動画広告フォーマットの概要

それぞれのデバイスでの詳しい表示などは次の通りです。

■パソコン

マストヘッド広告の注目動画は、YouTube ホームフィードの上部で最大 30 秒間音声なしで自動再生されます。マストヘッド広告はワイドスクリーンまたは16:9 のアスペクト比の形式で表示できます。右側には情報パネルがあり、チャンネルのアセットが自動的に使用されます。

オプションで、このパネルに最大 2 つのコンパニオン動画を含めることができます。ミュートアイコンをクリックすると、動画の音声を有効にできます。自動再生が終わると、メインの動画はサムネイル表示になります。動画またはサムネイルをクリックすると、その動画のYouTube 再生ページに移動します。

出典元:動画広告フォーマットの概要

■モバイル

マストヘッド広告の注目動画は、YouTube アプリまたは m.youtube.com のホームフィードの上部で音声なしで自動再生されます。動画の時間に制約はありません。モバイルビデオマストヘッド広告には、動画のサムネイル、カスタマイズ可能な広告見出しのテキストや説明文テキストのほか、カスタム外部リンク(Call to Action / CTA)のテキストが表示されます。

また、チャンネル名とチャンネルアイコンは広告主様のチャンネルから自動的に取得され、モバイルビデオマストヘッド広告をクリックすると、YouTube 動画再生ページに遷移します。

出典元:動画広告フォーマットの概要

■テレビ画面

マストヘッド広告の注目動画は、テレビ向け YouTube アプリのホームフィードの上部で音声なしで自動再生されます(サポートされている場合)。

動画の時間に制約はありません。マストヘッド広告はワイドスクリーンまたは 16:9 のアスペクト比で表示できます。テレビのリモコンを使用して、マストヘッド広告を操作できます。自動再生が終わると、メインの動画はサムネイル表示になります。

動画やサムネイルをクリックすると、動画再生ページに移動し、全画面で見ることができます。テレビ画面のマストヘッド広告に行動を促すフレーズを追加することはできません。

出典元:動画広告フォーマットの概要

料金はインプレッション単価制となっています。詳しく知りたい場合は、Google の広告チームに連絡してみましょう。

⑦ダイレクトレスポンス広告   

広告を目にしたユーザーが商品購入などのアクションを取ることを目的とした広告を指します。Googleの調査によると『YouTube で見つけた商品を購入したことがある』と回答したYouTubeユーザーは70%に上り、YouTubeが実際の購買行動に大きな影響を与えていることがわかります。

ダイレクトレスポンス広告は、YouTube上では動画の下に商品の画像を表示させる仕組みとなっています。また、YouTube以外のプラットフォームでも配信が可能です。

一度に複数の商品を掲載できるため、自社のECサイトにユーザーを誘導したい企業にはおすすめです。

⑧動画アクションキャンペーン

動画アクションキャンペーン(VAC)とは、2021年3月から始まった、費用を抑えつつ、YouTube およびそれ以外のさまざまな場所でコンバージョン(ユーザーが、広告の目標となる行動を起こしてくれている状態)を促進できる広告です。

Google広告ヘルプセンターでは、フォーマット・メリットについて次のような説明がされています。

■広告フォーマットの仕組み

・動画アクション キャンペーンでは、スキップ可能なインストリーム広告フォーマットとインフィード動画広告フォーマットを使用します。
・キャンペーンに含める動画の長さは、10 秒以上にしてください。
・広告のクリエイティブとして、行動を促すフレーズ、広告見出し(短い見出しと長い見出し)、説明文を含めることができます。
・動画アクション キャンペーンの一部の広告フォーマットでは、使用できない機能もあります。たとえば、コンテンツ ターゲットは、スキップ可能なインストーム広告では使用できますが、YouTube ホームフィードに表示されるインフィード動画広告では使用できません。
・広告表示オプション(サイトリンク、リードフォームなど)や商品フィードをャンペーンに追加して、コンバージョンを促すことができます。キャンペーンに広告表示オプションやその他のクリエイティブ オプションを追加すると、キャンペーン内の広告の外観や機能に変更が生じる可能性があります。

出典元:動画アクション キャンペーンについて

■動画アクションキャンペーンのメリット

・コンバージョンを促進:YouTube でも他の場所でもキャンペーンを展開し、コンバージョン単価を最小限に抑えつつ、コンバージョンを促進できます。
・キャンペーンの掲載結果を改善: 動画アクション キャンペーンでは、YouTubeホームフィード、YouTube 動画再生ページ、Google 動画パートナーなどの広告枠を併用して新規ユーザーにリーチすることで、キャンペーンの掲載結果を改善できます。
・キャンペーンを簡単に拡大:動画アクション キャンペーンでは、1 つのキャンペーンでモバイル、パソコン、テレビに広告を簡単に掲載できます。広告枠のソースごとに入札単価と予算を設定する必要はありません。

出典元:動画アクション キャンペーンについて

動画アクションキャンペーンと同様にコンバーション目的のメニューが「Trueviewアクション広告」でしたが、こちらのメニューと比較しても動画アクションキャンペーンは配信面が多かったり、インフィード広告の配信が可能だったりと、性能が高いのが動画アクションキャンペーンの特徴と言えるでしょう。

そのため現在は「Trueviewアクション広告」は利用できず、コンバージョンは「動画アクションキャンペーン」が主力になっています。

動画アクションキャンペーンは、他の動画広告メニューと比較しても「コンバージョン」に優れたメニューのため「認知よりもコンバーションを狙っていきたい」という場合におすすめです。

YouTube広告で失敗してしまうケース

①目的と広告フォーマットがミスマッチ

先ほど8つの広告フォーマットを挙げましたが、それぞれのフォーマットに適した目的、目標があります。

例えば、アミューズメントパークでのイベントを大多数に告知したい場合、なるべくたくさんのユーザーの目に触れるインストリーム広告や、マストヘッド広告が有効です。

しかし、配信ターゲットを絞り込んだフォーマットを選択してしまうと、本来の目的である「大多数に告知したい」とは逆行してしまいます。

「とりあえず流行りに乗って、YouTubeに広告を出してみよう」と広告を出すことばかりを重視せず、その目的と適切なフォーマットの見極めを行うことで期待する成果により近づけるでしょう。

②ターゲティングのミス

ターゲティング方法には、ユーザーにフォーカスして配信する『オーディエンスターゲティング』、広告の配信場所や配信条件にフォーカスした『コンテンツターゲティング』の2種類があります。

それぞれどのような特徴があり、どこまで配信設定ができるのかを理解していないと期待する広告効果を得ることは難しいでしょう。

ではここで、それぞれのターゲティング方法について説明します。

オーディエンスターゲティングには、次のような種類が挙げられます。

オーディエンスターゲティング

■ユーザー属性グループ
 広告を表示したいユーザー層の年齢や性別、子どもの有無、世帯収入。

■詳しいユーザー属性
 大学生、住宅所有者、最近子どもが生まれたユーザーなど。

■興味・関心
 表示されたカテゴリからトピックを選択し、そのトピックに関心がある
 ユーザーなど。

■ライフイベント
 引越し、大学卒業、結婚など、購買行動やブランドの好みが変わる 
 人生の節目。

■購買意向の強いセグメント
 広告主が提供するサービスや商品に類似するものを検索、
 購入を検討しているユーザー。

 一方、コンテンツターゲティングは広告の配信場所や配信条件で、
 ターゲティングする方法です。例としては次のような項目になります。

コンテンツターゲティング

■プレースメント
 チャンネル、動画、アプリ、ウェブサイト、サイト内をターゲットに
 指定。プレースメントの要素には『YouTube チャンネル』
『Google上のウェブサイト』などがあります。

■トピック
 選択したトピックに関連するさまざまな動画、ウェブサイトなどに
 広告を表示します。たとえば、『自転車』トピックをターゲットに指定
 すると、自転車に関する動画を視聴しているユーザーに広告が表示され
 ます。

■キーワード
 指定したキーワードに基づいて、YouTube動画、チャンネル、
 ユーザーが関心を持ちそうなサイトに動画広告が表示されます。

■デバイス
 パソコン、スマートフォン、モバイルデバイス、テレビを使用した
 デバイス(Chromecast など)を使用するユーザーをターゲットに
 設定します。

③広告を配信したことで満足し改善ができていない。

やっとの思いで広告配信ができると、それだけで達成感があり全ての任務が終了したように感じてしまうかもしれません。

しかし、広告を配信することが目的ではなく、広告を配信することで何か変化を得ることが目的であることを忘れてはいけません。

想定したユーザーに広告がリーチしているか、期待するコンバージョンを得られているか、定量的にチェックし、現在の広告配信を見直していきましょう。

YouTube広告運用代行会社を利用するメリット

①シュミレーションで数値の予測が出来る。

運用型広告は純広告と異なり、オークション形式を採用しているため、広告出稿をしてどのくらいの効果が得られるかが、予測しづらいというデメリットがあります。

その時に役立つのが「シュミレーション」です。シュミレーションは広告予算やターゲティング、運用代行会社の実績などをもとにインプレッション数やクリック数などの数値を予測して算出したものになります。

シュミレーション作成を行うことで、広告出稿でどのくらいの効果が得られるかが予測できるため、必要な広告予算が明確になり、施策の失敗を防ぐことが出来ます。

「せっかく費用をかけて広告出稿したのに、思ったような成果が挙げられなかった」ということにならないように、広告出稿前に必ずシュミレーション作成を行いましょう。

⇩【無料】シュミレーション作成依頼はこちら⇩

②実績と経験から基づく最適な広告出稿。

複数のYouTube広告フォーマットから、自社の宣伝に最適なものを選び、さらにそこから動画作成、効果測定の実施は、自社で完結させようとすると途方もない作業量になるでしょう。

そこで、過去の運用経験などからノウハウが蓄積されている運用代行会社に依頼することで、こちらの目的や意図を汲み取り、広告の効果を最大限に引きだす運用をスピーディに行ってもらうことが可能になります。

依頼する際は、確認事項としてこちらが期待するジャンル(同業他社、類似商品など)での運用実績と効果、代行可能な業務範囲を洗い出しておくことをお勧めします。相手に丸投げではなく、サポートをしてもらうという心構えで準備をしておくと、スムーズに交渉できるでしょう。

③効果をだすためPDCAを回した運用。

動画広告にはフレッシュさが欠かせません。定期的に内容をブラッシュアップし、新たな動画を配信することに加え、ターゲットへのリーチとコンバージョンを測定し軌道修正を図ることも必要です。

このような定期的な動画広告の見直しまでサポートしてもらえるのは、運用代行会社に依頼する大きなメリットと言えるでしょう。

自社内にノウハウがなければ、なんとか広告配信はできても、そこからのスピーディな改善と新たな動画作成はハードルが高いです。そこはプロの力を借り、いち早く期待する効果を得ることにフォーカスしましょう。

【おすすめ】YouTube広告運用代行会社  

株式会社アイズとは?  

YouTubeなどのSNS広告やリスティング広告の運用代行サービスを展開する会社です。口コミプロモーションサービス『トラミー』や、SNSマーケティング情報メディア『マーケブック』の運用も行っており、クライアントの意向に沿った丁寧な運用と幅広いウェブプロモーション戦略を提案しています。

『運用経験豊富なプロのアドバイスが欲しい』『ウェブプロモーション全体を任せたい』という方におすすめです。

会社概要

・会社名:株式会社アイズ
( 英文社名:EYEZ,INC.)

・本社所在地:東京都渋谷区渋谷3-12-22 渋谷プレステージ7F

・URL:https://www.eyez.jp/

アイズの運用代行のメリット

①運用管理費は広告予算の15%

YouTubeにおける動画広告の運用では、一般的に広告費の20%が運用管理費の相場と言われています。

アイズではエンドクライアントとの直接取引に限り、運用管理費は広告予算の15%で行うため、相場より費用負担を抑えることができます。

他にも、最低運用管理費5万円で承っているため、他社のように広告予算50万円以上~から委託などの基準がないため、ミニマムボーダーが限りなく低いのが特徴です。

②PDCAを意識した運用体制

広告の運用担当と直接連絡が取れる体制となっているため、 改善点を洗い出し着実に成果を出していきます。

細部に配慮した丁寧な運用で、クライアントと伴走しながら着実に成果を出していける土壌が整っていますので、安心してご依頼いただけます。

③YouTube以外のSNS媒体も対応可能

twitterやInstagram、Tiktokなど幅広い広告媒体を扱っているため、 商品やサービスのペルソナや特徴によって、認知フェーズからご提案が可能です。

特に、SNS広告は10年以上SNSマーケティングを行ってきたことで培った専門的なノウハウを備えております。

アイズのYouTube広告取り扱い実績

エンタメ(CDアルバム販売告知)

【目的】
動画視聴

【改善策】
①全年齢・男女での幅広いターゲティング設定。

②キーワードに同ジャンルのアーティスト名を複数設定

③プレースメントとしてアニメソング歌手のチャンネルへ配信

【成果】
視聴回数が約21万回
表示回数約48万回/平均視聴単価約2円

最適な運用代行会社を見つけてYouTube広告を成功させる!

YouTube広告は動画を作って配信するだけでなく、目的に応じたフォーマット選択と配信後の分析、スピーディな改善までがセットです。

道のりが複雑なため、手段と目的が混同したり、当初の目的を見失ったまま走り抜けてしまう恐れもあるでしょう。

そうならないため、自社と相性の合う運用代行会社を見つけ伴走してもらうことで、的確な手を打ち、最短ルートで目的を達成することが可能になります。

代行会社に依頼する準備として、ここで紹介した知識をインプットし、最適なパートナー(代行会社)とYouTube広告を成功させましょう!

【2022】YouTubeマーケティングガイド|活用方法と成功事例3選SNSマーケティング,YouTubeこの記事では、YouTubeマーケティングについて、手法別についてメリットデメリットについてや、最新の成功ポイントについて詳しく解説を行っています。...2022-08-03 17:37:01

投稿者プロフィール

中澤さくら
中澤さくら2020年新卒で株式会社アイズに入社。SNSマーケティング(インフルエンサー・SNS広告・口コミプロモーションサービストラミー)の戦略提案を行う法人営業や、自社サービス「トラミー」のサービス企画、SNS運用を担当。 2022年からSNSマーケティングノウハウメディア「マーケブック」の企画運営に携わる。