SNSマーケティングのノウハウを学ぶなら「マーケブック」

article

【化粧品】口コミマーケティング事例3選!やり方から注意点まで解説

⇒クチコミプロモーションサービス「トラミー」媒体資料請求はこちら

化粧品業界における口コミマーケティングとは?     

口コミマーケティングとは

まず口コミマーケティングとは、「消費者の口コミを活用して認知向上させるマーケティング手法」のことを指します。インフルエンサーやモニターを活用してSNS上に口コミを投稿してもらい拡散を行うことや、消費者参加型のキャンペーンを打ち出して話題性を作り認知向上を狙う、などその方法は様々です。

新商品の発売に向けて認知を広げておきたい」や「認知度が少ないため売上が伸び悩んでいる」といった企業の悩みを解決することが出来ます。

UGCとは?SNSマーケティングにおける活用法・メリット・成功事例について解説SNSマーケティング,おすすめ,事例「UGC」とは「User Generated Content(ユーザー生成コンテンツ)」です。SNSマーケティングにおける重要性や活用事例を解説します。...2022-02-08 10:46:08

化粧品業界で口コミマーケティングが今注目されている理由

「化粧品」は口コミマーケティングとの相性が比較的良い商材になります。

「化粧品」は肌に付けるものや、豊富なカラーバリエーション、種類があります。店頭に足を運び、テスターなどで試してから自分に合っていると思ったものを購入するというのが従来の消費者行動で、実際に化粧品コーナーではテスターが常に置いてありました。

しかし2020年から始まったコロナ禍により事態は急変しました。感染予防の観点から様々な対策が取られるようになり、消費者は外出自粛を強いられました。もちろん化粧品のテスター設置は禁止される事態となり、消費者は新しい生活様式に対してはじめは困惑を覚えました。

株式会社アイズが2021年に行った調査では、85.4%のユーザーが「コロナ禍の影響で店頭でテスターや試食が出来なかったことについて不便をとても感じた、又は感じた」と回答したという調査データが上がっています。

そういった中で「おうち時間」でSNSを利用する機会が増えたことが要因で、
消費者は新しくSNSや口コミサイトなどで「商品の口コミ」を調べ、それを参考に購入をするようになりました。

上記のアンケートで不便に感じたと回答した人に対して、商品体験に代わる商品購入の際の情報収集について尋ねたところ、82.1%の人が「SNSでの口コミ」「口コミサイトの口コミ」という結果が分かりました。

この体験者の声を活用して商品の購買に繋げさせるために行うのが、「口コミマーケティング」であり、購入の際に比較が行われやすい「化粧品」にとって最適なマーケティング手法といえるでしょう。

化粧品口コミマーケティングと薬機法

化粧品業界が口コミマーケティングを行うときに、注意をしなくてはならないことがあります。それは「薬機法違反」に該当していないかどうか、しっかりとチェックを行うことです。インフルエンサーは実際に体験してみての感想(口コミ)をユーザーに届けることが出来ることを強みとしていますが、PR案件の場合は例外となります。

薬機法では広告表記があるもので、「肌が白くなった」「ハリがでた」のような、効果・効能についての記載は薬機法違反の対象となってしまいます。今までは広告主のみが処罰対象でしたが2021年8月の薬機法改正により、「何人も」と処分対象者の範囲が広がりました。そのためインフルエンサーや広告代理店なども処分対象となってしまうのです。

口コミマーケティングでは、効果・効能に触れる投稿がほとんどとなってしまうため、インフルエンサーやモニターを活用するときは、一つ一つの記事をしっかりと目視でチェックする必要があります。

【弁護士監修】薬機法とは?インフルエンサー・SNS施策時の注意点と対策方法SNSマーケティング,インフルエンサー,おすすめ【全マーケター必読】2021年に改正された薬機法についてわかりやすく解説!インフルエンサー起用時の対策方法も伝授します!...2022-03-03 18:33:28

化粧品口コミマーケティング事例3選            

人気プチプラスキンケアブランドを展開するG社【Instagram】

フェイスパックを主体に様々なスキンケアを販売する、G社ではネット上での口コミ件数が少ない事が課題でした。そこで鮮度の高い口コミを増加させることを目的としてモニター施策を利用し、大量のナノインフルエンサーに投稿を促しました。

結果として、Instagram上に大量のUGC投稿が露出されました。また、認知が上がったことによりコスメランキングサイトの口コミ件数が増加し、スキンケア・基礎化粧品ランキングへのランクインも達成。上がった投稿はLPにて「お客様の声」として紹介されました。

話題の韓国スキンケアを展開するC社【Tik Tok】

SNSでも話題の「シカ」シリーズを販売するC社では、Tik Tokを活用してブランド認知を訴求しました。インフルエンサーに対してギフティングを行い、普通の商品紹介ではなく「EC購入風」というシーン訴求で自然な形でUGC投稿を促しました。

結果として、自然な形での投稿が消費者に受け入れられ、再生回数は約1,000万再生を記録しました。投稿演出のやり方によって、プロモーション感を無くすことが出来るのが分かる事例です。

大手化粧品会社S社【Twitter】

Twitterでのフォロー&リツイートキャンペーンを行う化粧品系企業は多いですが、レッドオーシャンであることから、キャンペーンの差別化を行わないと消費者に認知すらしてもらえません。大手化粧品会社のS社では高級スキンケア商品をプレゼント対象に設定し、参加条件として「ブランド公式Twitterアカウントのフォロー」と「ライブ配信の感想をツイートする」こととしました。ライブ配信で専門家の詳細な説明があることで、消費者に対して商品に対する興味関心を生成することに成功しました。また、Twitterの拡散機能を使い、潜在層に対しての訴求も行うことが出来ました。

化粧品系ナノインフルエンサーを活用して大量の口コミを生成することも可能!   

より自然な形で認知を広げたい時にお勧めなのが「ナノインフルエンサー」の活用です。ナノインフルエンサーとは、フォロワー100〜1000程度のインフルエンサーです。フォロワー数が少ないからこそ、フォロワーとの関係が他のインフルエンサーに比べて親密であったり、フォロワー数によって変わってくるキャスティング費用もナノインフルエンサーなら安価で済むため、一度に大量のキャスティングを行うことができます。

株式会社アイズが提供する口コミプロモーションサービス「トラミー」では、約120,000人の会員を抱え、企業様のご希望にあったナノインフルエンサーのキャスティングが可能です。特に化粧品業界での実績が多く、大手化粧品会社様から中小企業クラスの会社様までの幅広い取引実績があります。

また、化粧品会社様の懸念点の一つである薬機法チェックにも力を入れていて、全ての記事を目視審査しており、しっかりとした運用体制が強みの一つです。

↓クチコミプロモーションサービス「トラミー」媒体資料請求はこちら↓

口コミマーケティングで化粧品のブランディングを成功させよう!

いかがでしたでしょうか?現在化粧品業界において「口コミ」の重要性はどんどん増えていっています。薬機法をしっかりと注意しながら、大量の口コミを集めて認知を広げて行くことを目標にマーケティング戦略を立てることをお勧めします。

口コミプロモーションサービス「トラミー」とは?概要やプランについて解説!SNSマーケティング,おすすめ,口コミマーケティングこの記事ではおすすめの口コミプロモーションサービス「トラミー」について、サービス内容や事例について詳しく解説を行っています。...2022-05-13 15:04:37

投稿者プロフィール

中澤さくら
中澤さくら2020年新卒で株式会社アイズに入社。SNSマーケティング(インフルエンサー・SNS広告・口コミプロモーションサービストラミー)の戦略提案を行う法人営業や、自社サービス「トラミー」のサービス企画、SNS運用を担当。 2022年からSNSマーケティングノウハウメディア「マーケブック」の企画運営に携わる。