SNSマーケティングのノウハウを学ぶなら「マーケブック」

article

インフルエンサーの費用相場とは?広告効果・依頼方法も徹底解説

⇒【無料】インフルエンサーリスト作成依頼はこちら

インフルエンサーとは

インフルエンサーとは、SNSやブログ上などで大きな影響力を持つ人物のことを指します。インフルエンサーは、その影響力から「宣伝効果」が期待され、企業から商品やサービスのPR投稿の依頼を受けることがあります。

インフルエンサーで一般ユーザーの違いとしてあげられるのが、SNSで抱えている「フォロワー数」の多さになります。大体1万以上のフォロワーを抱えている人が、インフルエンサーと呼ばれることが多いです。

インフルエンサーの特徴

インフルエンサーの特徴は「ファンを抱えている」と「リーチ力が高い」の2つのポイントです。

インフルエンサーのフォロワーは、そのインフルエンサーに対して「尊敬・信頼」を置いていることが多く、インフルエンサーの発信する情報を好意的に受け取る傾向があります。

つまり、インフルエンサーにPR投稿依頼をすることで、製品やサービスに対してポジティブなイメージをユーザーに植え付けさせることが可能になります。

「リーチ力が高い」という点については、インフルエンサーは数万~数十万、中には数百万のフォロワーを抱えています。前述したように、インフルエンサーのフォロワーは「熱量の高いファン」であることが多く、その多くのファンに対して情報を認知させることが出来るため、効果が高い拡散が見込めます。

インフルエンサーの影響力

実際にインフルエンサーは、ユーザーの購買に対して影響力をどのくらい持っているのか、アンケート調査を行いました。

その結果、SNSでインフルエンサーをフォローしていると回答したユーザーの内、84%のユーザーが「インフルエンサーがおすすめする商品を購入、またはサービスの利用をしたことがある」と回答をしました。

このデータから、インフルエンサーの情報発信が、ユーザーに対して商品やサービスを認知させているだけでなくい、購買行動に対して大きな影響力を持っていることが分かります。

インフルエンサーとSNS

インフルエンサーの効力を最大限発揮するためには、情報発信を行う場所=SNSの選定もとても大事になります。ここからは、各SNSとインフルエンサーの関係性について解説していきます。

インフルエンサーとInstagram

Instagramで活躍するインフルエンサーは「Instagramクリエイター」や「クリエイター」「インスタグラマー」などと呼称されています。

Instagramにも多くのインフルエンサーがいますが、特徴としては「写真の撮影クオリティが高い」「ユーザーに役立つ情報を発信」している。という点があります。Instagramは視覚重視のSNSのため、有形商材やサービス(飲食店・施設等)との相性が良いです。

インフルエンサーとTwitter

Twitterでは、インフルエンサーは基本的にそのままの「インフルエンサー」で、呼されています。

Twitterのインフルエンサーの特徴は「文章力」です。投稿文章は140文字という限られた中で、ユーザーの心を引き付けることが出来るのがTwitterインフルエンサーです。

Instagramのように、有形商材系はもちろんのこと無形商材でもPR投稿しやすいのがTwitterインフルエンサーマーケティングの強みと言えるでしょう。

インフルエンサーとTikTok

TikTokにおけるインフルエンサーは「TikTokクリエイター」「インフルエンサー」「ティックトッカ―」と呼ばれることが多いです。

TikTokインフルエンサーの特徴は「ユーザーを惹きつける動画作成能力」です。TikTokは、他のSNSよりも集中して見られやすい傾向にあり、PR投稿も例外ではありません。

ユーザーの広告受容も高いため、TikTokインフルエンサーの施策は今とても注目を集めています。

インフルエンサー費用相場

インフルエンサー起用にかかる費用

インフルエンサーにかかる費用

①インフルエンサーへの報酬
②運用費用
③商品代金・配送料

④2次利用費
⑤サービス利用料(プラットフォームサービスなどを使用する場合。)

①インフルエンサーへの報酬

インフルエンサーPR投稿をしてもらう際に発生する費用です。

基本的にフォロワー単価×フォロワー数で提示されるケースが多いです。フォロワー単価の相場は、1投稿につき2円~4円と言われていますが、インフルエンサーや所属するキャスティング会社によって変わってくるため、都度確認を行っていきましょう。

②運用費用

インフルエンサーのリスト作成やキャスティング、管理などといった、施策の進行(ディレクション)をインフルエンサーマーケティングのキャスティング会社や代理店に行ってもらう場合、委託企業に対して支払う運用費が発生します。

③商品代金・配送料

インフルエンサーにPR投稿を行ってもらう場合、その体験用の商品やサービス代金は、依頼主である企業が持つことになります。

また、そこで掛かる商品配送費やインフルエンサーの交通費も、企業が負担することになります。

インフルエンサー依頼方法

①インフルエンサーに直接依頼する。

自社でインフルエンサーと直接やりとりをすることで、運用費などのコストを削減することが出来ます。

しかし、インフルエンサーの選定から、連絡、金額交渉、投稿内容案出し、チェックなどを全て自社内で行わなくてはならいため、リソースが厳しいという企業にとっては、かなり工数負担が大きくなってしまう可能性があります

②インフルエンサーマッチングプラットフォームを利用する。

インフルエンサーマッチングプラットフォームとは、多数のインフルエンサーがサイト登録を行っており、そこに訪問した企業が最適なインフルエンサーを見つけ、PR投稿依頼をすることが出来るプラットフォームを指します。

マッチングプラットフォームを利用することで、内製で行うよりも選定の面では楽になりますが、インフルエンサーの管理や効果分析などは自社で行う必要があるため、ある程度の工数負担は必須です。

また、マッチングプラットフォームを利用するためには、手数料などが発生するため、予算確保も必要になることを留意しておきましょう。

③インフルエンサーキャスティング会社を利用する。

インフルエンサーのキャスティング会社とは、インフルエンサーを抱えている会社のことで、各インフルエンサーの特性(ジャンルや投稿スタイル、フォロワー属性など)を熟知しているインフルエンサーマーケティングのプロ的存在です。

インフルエンサーの特性を理解しているため、自社の課題解決に最適なインフルエンサーの選定を行ってくれたり、金額交渉、運用、効果分析など全ての作業フローを代行してくれます。

「自社だけで行えるリソースが無い」「インフルエンサーの選定に自信がない」などといった場合、キャスティング会社に外注をすることをおすすめします。

【おすすめ】無料のインフルエンサーリストを作成してもらう

インフルエンサー施策を始めるにあたって、おすすめなのが「キャスティング会社にインフルエンサーリストを作成してもらう」です。

与件を伝えるだけで、製品やサービスとの親和性の高いインフルエンサーのピックアップをしてもらえるため、費用感が知れるため施策の企画立案や調整がしやすくなります。

株式会社アイズでは、女性を中心とした各種ジャンルのインフルエンサー1,000名以上のリストを保有しており、その中からクライアントの課題解決に最適なインフルエンサーのピックアップを得意としています。

無料のインフルエンサーリスト作成やインフルエンサーマーケティングについての相談も承っているので、お気軽にお問い合わせください。

最適な方法でインフルエンサーをキャスティングしよう

いかがでしたでしょうか?インフルエンサーは依頼方法によっても、メリットデメリットが変わってきます。自社の状況を考慮しながら最適なインフルエンサーマーケティング戦略を立てていきましょう。

インフルエンサー起用成功のコツ大公開!最新動向と併せて徹底解説SNSマーケティング,インフルエンサー「インフルエンサー起用にフォロワー数は関係ない?」最新の市場動向とあわせて、インフルエンサー起用の成功のコツを解説します。...2022-06-06 20:10:26

Author Profile

中澤さくら
中澤さくら2020年新卒で株式会社アイズに入社。SNSマーケティング(インフルエンサー・SNS広告・口コミプロモーションサービストラミー)の戦略提案を行う法人営業や、自社サービス「トラミー」のサービス企画、SNS運用を担当。 2022年からSNSマーケティングノウハウメディア「マーケブック」の企画運営に携わる。