SNSマーケティングのノウハウを学ぶなら「マーケブック」

article

【2022年最新】TikTokインフルエンサー(TikToker)紹介!

TikTokとは?

TikTokとは、15秒~3分の短い動画を作成・投稿できる動画プラットフォームです。

10代~20代が多く利用していて、最近では「TikTok売れ」という言葉があるほど、マーケティングでも注目されています。

TikTokの特徴

①ショートムービー

TikTokの最大の特徴ともいえるのが「ショートムービー」という点です。

同じ動画プラットフォームで有名なのが「YouTube」ですが、YouTubeは大体1分~長くて数十分程度の動画が多いです。

しかし、TikTokは15秒~3分という短い時間で動画が見れるため、ちょっとした暇つぶしや移動時間などに気軽に見れるのがユーザーに好まれるポイントです。

また、動画作成にそこまで手間がかからないため、気軽に動画作成を行えるところもコンテンツ増加に繋がっています。

②レコメンド機能

TikTokでは、ビックデータを用いてユーザーに最適と思われる動画を表示してくれます。

TikTokを運営するByteDance社は、高精度のアルゴリズムを持っておりユーザーの視聴傾向に合わせた動画を出します。そしてその機能はTikTokを使えば使うほど精度を増していくのです。

そのため自分で探さなくても、好みの動画を見ることが出来るという点がユーザーの満足度を高めTikTokが人気のSNSと呼ばれる一つの理由と言えます。

③トレンド性のあるコンテンツ内容

TikTokはトレンドに敏感なZ世代と呼ばれる、10代~20代の若年層に多く利用されているSNSです。

そういった点から、TikTokを発信に流行をする商品やサービスや楽曲などは多く、2021年12月で「日経トレンド商品ベスト30」で「TikTok売れ」が1位に選ばれました。有名な例だと、シンガーソングライターの優里の「ドライフラワー」はTikTokをきっかけに人気を集め、ストリーミングサービスでの累計再生数が4億回を突破するなど、その効果はとても大きいことが分かります。

他にも「地球グミ」や「リップモンスター」など品薄になる程購買に大きな影響をもたらすことがあり、TikTokがトレンドの発信地の一角を担っていることが分かります。

TikTokがマーケティングで注目されている理由

上記で述べた特徴の「トレンド性」や「若年層へのリーチ」といった観点から、TikTokはマーケティングにおいても年々重要視されてくるようになりました。

TikTokのマーケティング手法としては主に3つで「公式アカウント運用」「TikTok広告」「インフルエンサー」の3つが該当します。

「公式アカウント運用」では、toC向けブランドだけではなく、toB企業でも親近感を持たせる投稿内容を行い新卒や中途などの採用目的の為に運用を行っている企業もいます。

「TikTok広告」は、TikTok上で配信する広告になります。様々な広告配信方法があり、目的に応じたプロモーションが出来ます。

「インフルエンサー」は、TikToker(ティックトッカ―)が商品やサービスの体験投稿を行い認知を広げていく方法です。

TikTokインフルエンサー、通称「TikToker」とは

「Tiktoker」(ティックトッカ―)は、TikTok上で人気のインフルエンサーを指します。

15秒~3分という短い動画の中でユーザーを引き付ける動画コンテンツを作成することを強みとしています。

TikToker(ティックトッカ―)を起用するメリット

Z世代からの支持が厚い

TikTokの利用者層でも最も多いのがZ世代です。

またTikTokerもZ世代の若者が多いため、ユーザーはTikTokerを自分と近い存在に感じ親近感をもって支持をしています。

株式会社SHIBUYA109エンタテイメントがZ世代に向けて行った意識調査では、「インフルエンサーの投稿がきっかけで商品を購入したことがありますか?」という質問に対して、67.0%のZ世代が「購入経験あり」と回答しています。

参考:Z世代のSNSによる消費行動に関する意識調査

このように、TikTokerを活用して商品やサービスをプロモーションすることで、ユーザーに違和感なく認知をさせることができます。

【Z世代向け】マーケティング戦略と成功のコツを解説SNSマーケティングZ世代をターゲットにしたマーケティング戦略について、 戦略や事例を分かりやすく解説!相性の良いSNS、Tik ToKについても詳しくご紹介!...2022-04-06 20:52:34

Z世代の心を掴む動画作成能力

TikTokerは動画作成能力にも長けています。TikTokerは短い時間でユーザーを引き付ける動画作成のノウハウを持っており、プロモーション動画の作成でもTikTokerが構成を考えるのでTikTokerの強み発揮されます。

他の動画を活用したプロモーションでは、自社でコンテンツの用意などをしなくてはならないなど工数がかかりますが、TikTokerを活用すればターゲットに合った動画作成をしてくれます。

おすすめTikTokインフルエンサー(ティックトッカ―)一覧

①モンロー

プロフィールはこちら→@yu.urawareds

『月間最高再生回数7000万再生越え!』

モンロー(@yu.urawareds)さんは、「コンビニのあるある」を再現した動画を配信するTikTokerです。「物語×あるある」ネタの先駆者で、親しみのあるおもしろいネタや、引き込まれるストーリー性のある動画が若者を中心に人気を集めています。

過去にはヴィレッジヴァンガードさんとコラボグッズを発売もしています。
公式マークも付いており、今後更に人気が出てくることが期待される日本トップのあるある系TikTokerの1人です。

②えな|ロゴの人

プロフィールはこちら→@himahima1129

『みんなの妄想叶えます』

えな(@himahima1129)さんは、ロゴデザイナーTikTokerとして日本一の認知を得ています。

固定概念に囚われずユーザーのリクエストに応えながら、クスッと笑える動画を配信しています。

企業のロゴからアパレルブランドなど様々なものを、リクエスト通りに作成してくれるのが人気なので、認知度を上げたい場合、えなさんに自社のロゴなどを考案してもらい、PR動画を作って宣伝して貰うのも、プロモーションの一つの手としておすすめです。

③たいちゃん筋肉製造機

プロフィールはこちら→@taise__i8888

『チャンピオンになるTikToker』

たいちゃん(@taise__i8888)は、「フィットネス」関連の動画を配信しているTikToker!

クリエイターでもありながら、自身のTTジムというパーソナルジムも経営している、今勢いのある若手。ジムには有名インスタグラマーなども多く通い、日々トレーニングに魂を捧げています。

また、元甲子園球児というポテンシャルを見込まれ、YouTubeチャンネル登録者数57万人の『竹原テレビ』に出演。130万回以上の再生を叩き出し、ボクシング元世界チャンピオン竹原慎二に対して大健闘を見せ、今後様々な場面での活躍が期待できる一人です。

④みのりの知恵袋

プロフィールはこちら→@magician_minori

『昨日よりちょっと今日が生きやすくなる』

みのりの知恵袋(@magician_minori)さんは、恋愛やトークノウハウについての動画を配信している人気TikTokerです。モテ術だけではなく、一流のプロのマジシャンとしての顔もあり都内だけでなく全国を飛び回りながら活動をしています。

台本構成に特化しており、普段の動画と変わらないクオリティーで案件の動画提供が可能な優秀なクリエイターの1人です。

⑤ぴけ

プロフィールはこちら→@pickett_inc

『あなたに笑顔と癒しを届けます』

ぴけ(@pickett_inc)さんは、溢れる笑顔と愛嬌により人気が止まらない注目のTikTokerです。

難易度が高いコメ返系のジャンルで活躍をしており、可愛い笑顔と喋る時のギャップもファンを夢中にさせています。

さらに凄いのがコアファンの数で、コメント欄ではぴけさんへのファンからの応援コメントが多いです。クリエイターとして大事な、コアファン数を獲得しており、動画作りに長けているTikTokerです。

インフルエンサーの動画を使ってTikTok広告配信

株式会社アイズの「インフルエンサー×TikTok広告」プラン

株式会社アイズの「インフルエンサー×TikTok広告」プランでは、TikTokerを活用した認知拡散することができます。

プラン概要はTikTokerをキャスティングして商品やサービスを体験した様子をPR投稿させて、更にその投稿を活用してTikTok広告でブースト配信することで、TikTokerのフォロワーではカバーし切れなかった層に対しても広告配信が可能なので、多くのユーザーに情報を届けることができます。

TikTokインフルエンサーを活用して「バズり」を狙おう!

いかがでしたでしょうか?急成長しているTikTokマーケティングは、今後更に需要が高まってくることが見込まれます。

ユーザーの心を引き付けることができる、TikTokerの動画作成技術を活用して「バズり」の土台作りを狙いましょう。